高校で集団暴行:宮城県

 宮城県仙塩地区の高校で2012年6月、1年の女子生徒が同じ高校の男女生徒7人から集団で取り囲まれて正座を強要されたり、髪を引っ張られるなどの暴力行為を受けていたことが、7月18日までにわかった。

 6月22日、「男子や先輩女子の悪口を言っただろう」 などとして校外の駐車場に呼び出され、1・2年の男女生徒7人がこの生徒を集団で吊るし上げ、正座を強要したり髪を引っ張るなどした。
 保護者が学校に連絡し、学校側は加害者側の威圧暴力行為を認定して自宅謹慎処分にした。被害にあった女子生徒は精神的ショックで登校できなくなった。被害者側は警察に被害届を出して受理され、民事訴訟も検討している。
 学校側は暴力行為は認めたものの、いじめとは特定していないという。状況から見て明らかに暴力行為であり、いじめであることは明らかではないか。
(参考)
◎女子生徒に集団暴力 男女7人自宅謹慎 仙塩地区高校(河北新報 2012/7/18)

スポンサードリンク