大津いじめ自殺、加害者が生徒の部屋荒らす?

 滋賀県大津市立皇子山中学校のいじめ自殺事件で、生徒の自殺前日、加害者グループが生徒の自宅に押しかけて生徒の部屋を荒らしていたという情報があることが、7月12日までにわかった。

 学校側が自殺直後に実施したアンケートで、この点についても訴えがあったという。滋賀県警が大津市役所や学校を家宅捜索した際にアンケートを押収し、関係者への取材からそういう記述がることが判明した。
 同学年の生徒が加害者の実名をあげ「(加害者から)部屋を荒らされたと聞いた」と答えたとされる。一方で学校側は「伝聞情報」として調査をおこなわなかった様子である。
 これが事実ならば大変なことだし、また情報をつかんでいながら適当にあしらった学校側の対応も問われる。

スポンサードリンク