「全裸ランニング」元高校野球部監督、高校野球指導に関わっていた

 岡山県浅口市の私立おかやま山陽高校で2005年、当時の野球部監督が部員に全裸ランニングを強要したり暴力行為を繰り返した事件が発覚した。この監督は有罪になったが、2012年現在、愛知県内で高校野球指導に携わっていることがわかった。

 愛知県常滑市のNPO法人。通信制高校と提携し、野球を志しながら人間関係などで高校中退を余儀なくされるなどした球児の再出発を支援するため、授業の一環として野球を教え、また高校卒業資格取得もあわせて支援している法人のようである。
 そのNPOの野球部監督は、問題の全裸ランニング監督と同じ名前である。プロフィールを見ると経歴も同じで、事件を起こした人物と明らかにと同一人物である。
 おかやま山陽高校の事件では、監督は「指導者の道を絶たれた」などとして執行猶予判決を受けている。しかし実際は、しっかり指導者の道に舞い戻っていることになる。
 意図的で悪質な人権侵害行為をおこない子どもを傷つけたものが、再び指導の現場に舞い戻っていることに怖さを感じる。