いじめ教諭の名前は田村伸一

 福岡県筑前町立三輪中学校のいじめ自殺事件に関して、『週刊新潮』2006年10月26日号が、初めていじめ加害教諭の実名を報じました。この教諭の名前は田村伸一で、福岡教育大学卒の47歳・国語担当の教諭だということです。


 いじめ教師・田村伸一の実名を報道することは、ほかの事件の実名報道とは性格が全く異なるものだと考えます。「教師が、教師の立場を悪用して、生徒をいじめていた」という今回の田村の行動は、一種の権力犯罪と言い切っても差し支えありません。
 『週刊新潮』が、田村の実名報道に踏み切ったことを支持します。


〔追記〕
 『週刊新潮』が田村の実名報道に踏み切ったことに関しては支持しますが、同じ記事で自殺した生徒まで実名報道したということについては、同意できるものではありません。
 自殺した生徒については、遺族は匿名報道を望み、報道各社にその旨を伝えていたということです。生徒まで実名を載せたということに関しては抗議したいと思います。
 本稿は、「同じ記事に対して支持と抗議の意思を同時に示している」という、一見すると矛盾しているような論旨になってしまいました。
 ですが、教諭・田村伸一の実名報道と、自殺した生徒の実名報道は、全く別の性格を持つものです。「田村の実名報道については当然のことだが、遺族が希望していないのに生徒の実名を報じたのは遺憾」というのが、正直な気持ちです。