教育基本条例案、愛知県知事へも連携申し入れ

 橋下徹大阪市長は大村秀章愛知県知事に対し、教育基本条例案で連携して教育改革をと打診していたことが、12月26日までに分かりました。

 橋下市長が12月22日に大村知事に電話連絡し、12月21日におこなった石原慎太郎東京都知事との会談結果もふまえながら、連携を呼びかけたといいます。大村知事は「前向きに検討したい」と応じたといいます。
 愛知県はかつて、管理教育の代名詞ともされる地域でした。悪夢が再びよみがえることになるのでしょうか。
 また教育基本条例案は大阪府・大阪市・堺市だけの問題ではなく、全国的に悪影響を及ぼすものだということが、改めて浮き彫りになった形にもなっています。