堺市議会、教育基本条例案を否決

 大阪維新の会堺市議団が提案した堺市教育基本条例案について、堺市議会文教委員会は12月8日、維新以外の各会派の反対で否決しました。

 自民党・市民クラブ、公明党、ソレイユ堺(民主党系)、日本共産党の各会派は、条例の枠組みそのものの違法性や、行政権力による教育介入などを指摘し、反対に回りました。
 教育基本条例案については、9月に大阪府議会および大阪市議会にも、ほぼ同じ内容のものが提案されています。大阪府議会では会期の関係で一度取り下げて2月議会に再提案する見通しとなっています。また大阪市議会では一度廃案になりましたが、橋下徹次期大阪市長(大阪維新の会代表)が市長提案として再提案する見通しとなっています。
 一方で教育基本条例案は、行政による教育への介入をはじめ、教員のみならず保護者まで行政の意向に従属させようとするなど、きわめて問題の多いものです。文部科学省も違法の疑いを指摘するほどの代物です。
 堺市議会での否決は当然だと言えます。一方で維新側の抵抗も目立っているので、再提案できないような状況を作り出していかなければなりません。
(参考)
◎教育基本条例案を否決 堺市会委、維新除き反対(産経新聞 2011/12/9)

スポンサードリンク