札幌市中学生自殺:原因特定できず

 札幌市手稲区の札幌市立前田北中学校2年の男子生徒が2011年8月に自殺した問題で、札幌市教委は10月19日までに、原因が特定できないなどとする報告書をまとめました。

 この問題では、自殺した生徒が生前に学校にいじめを相談し、また自殺した生徒へのいじめがあったのではないかという証言などもありました。
 自殺前日にこの生徒が友人に対して、パソコンを通じて自殺をほのめかすようなメッセージを送っていたことも指摘されています。しかし市教委はこの友人への調査を見送りました。また生徒がパソコンで作成したという学校へのメッセージについても、調査にあたった委員は文面すら見ていないといいます。
 調査には外部委員を入れたなどの評価できる点はあるとはいえども、全体的に見れば全く不十分な調査ではないかと感じます。
(参考)
◎札幌・中2自殺:外部調査にも限界 学校外友人聞き取りせず /北海道(毎日新聞 2011/10/20)
◎要因特定できず、事前の推測困難 中2自殺で札幌市教委(朝日新聞 2011/10/20)

スポンサードリンク