わいせつ英会話教室経営者:二審も引き続き実刑

 経営していた福岡市内の英会話教室で、当時9~16歳の生徒に対して性的暴行を加えたとして児童買春・児童ポルノ禁止法違反(児童ポルノ製造)や児童福祉法違反などの罪に問われた、ランプ・アラン・ニール(70)=米国籍=に対し、福岡高裁は9月28日、一審福岡地裁判決(2011年3月)を指示し、被告に懲役18年の実刑判決を言い渡しました。


 被告は「教育目的」と主張して無罪を主張していました。しかし判決では退けています。
 犯行自体もきわめて悪質です。また言い訳も非常に悪質なものだと言えます。判決は当然でしょう。