教育条例案、教育委員が反発:大阪府

 橋下徹大阪府知事が率いる大阪維新の会が9月府議会に提出を予定している教育基本条例案について、大阪府教育委員会が9月16日の定例会で協議しました。教育委員はそれぞれ、条例案の問題点を指摘し批判する意見を出したということです。


 特に、橋下知事の肝いりで任命された陰山英男氏や小河勝氏(いずれも学力向上の提言や教材開発などで知られる教育者)からも批判の声が出されたということです。教員を統制する案などが強い反発を招いた形になりました。
 教育基本条例案自体、教育行政に何の知識もない素人が思いつきで適当なことを書いたような代物です。どこかの居酒屋や井戸端会議での与太話なら、適当に話半分であしらうようなレベルです。
 しかし条例となれば、こんなまじめに相手するに値しない不見識な代物でも学校現場を縛ることになり、きわめて危険です。当然のことながら、こういう反発を招くことになります。