滝川いじめ自殺隠蔽事件:教育長が辞意表明

 北海道滝川市立小学校の教室で、小6児童がいじめを苦にして自殺を図り、その後死亡した事件に絡み、遺書が残されていたにもかかわらず「いじめの事実が確認できない」などとして社会的批判を浴びた滝川市教委で、教育長が10月10日に辞意を表明したということです。


 教育長は辞任の理由として、いじめ自殺問題で不適切な対応をした社会的責任をとるとしています。
 社会的責任をとっての辞任は、ことの重大性を考えると避けられないでしょう。しかし、教育長辞任で即解決、というわけではありません。教育委員会そのものを、今までの誤った対応を改めて誠実な対応をとる自浄能力を発揮できる体制へと作り替えることが、切に求められます。