柔道授業中の事故、学校側に賠償命令

 柔道授業中の事故で後遺症が残ったとして、私立東京学園高校(東京都目黒区)の元生徒が損害賠償を求めた訴訟で、東京地裁は7月22日、学校を運営する学校法人に対して約1640万円の損害賠償を命じる判決を出しました。

 事故は2006年11月に発生しました。当時2年生だった男子生徒は背負い投げを受けた際に頭から落ちて脊髄を傷つけ後遺症が残ったということです。生徒は2006年5月にも柔道授業中にけがをしていたことから、判決では受け身の練習量が不足していたと判断し、「生徒の習熟度を観察し、体調を聞き取ったうえで、背負い投げの練習に参加させないようにする監督義務があった」と指摘しました。
 授業中の事故にこのような判断が下されたことは、柔道事故に対する警鐘となるといえるでしょう。