「君が代」起立強制条例案、対象拡大検討:大阪府

 大阪維新の会の大阪府議団が大阪府議会に提出を検討している公立学校教職員への「君が代」起立義務づけを図る条例について、対象を当初の府立学校だけでなく、府内の政令市を除く市町村立小中学校の教職員にも拡大することを検討していることがわかりました。

 大阪維新の会代表でもある橋下徹大阪府知事は、政令市の大阪市・堺市の教職員にも対象をさらに拡大するよう求めているといいます。
 大阪維新の会では「思想信条の問題ではない。これまでの教育委員会の指導を順守するよう求める条例だ」などと主張しているということです。
 しかし「君が代」起立・斉唱強制に関する「教育委員会の指導」自体が思想信条の自由を著しく侵害している上、「強制は望ましくない」とする政府見解が出されている国旗・国歌法の趣旨にも反するものです。教育委員会の「指導」や条例案自体がきわめて危険な行為であり、違憲・違法の疑いが高いものです。
 こんな条例案を検討すること自体が問題外ですが、対象者を拡大していることを検討することなどさらに問題です。
(参考)
◎君が代起立、小中教員にも拡大 大阪維新の会が条例案(朝日新聞 2011/5/16)
◎君が代:斉唱時の起立対象を拡大 大阪府(毎日新聞 2011/5/17)