児童にわいせつの「週末里親」起訴:福岡

 児童養護施設に入所している児童を週末や長期休暇中に家庭で預かる「週末里親」に参加していた福岡県内の男(38)が、預かった少女に性的暴行を加えたとして逮捕・起訴されていたことが、5月12日までにわかりました。

 「週末里親」制度は、児童養護施設に入所している児童に対して家庭の温かみを経験させようというボランティアだということです。被疑者の男は2011年2月、預かった少女に性的暴行を加えたとして、2011年3月に準強姦容疑で逮捕しました。
 取り調べでは被疑者が一部容疑を否認したことから、準強姦容疑での起訴は断念して児童福祉法違反(淫行)として福岡地裁に起訴したということです。
 ボランティアを装って子どもに近づき性的虐待行為を加えるなど、きわめて悪質なものです。被害者の心身への影響も深刻であることが懸念されますし、制度そのものへの信頼も揺らぎかねない深刻な事態にもあたります。
 被害者の回復・新たな被害者を生み出さない対策・善意のボランティアが正当な取り組みをおこなえるようにしていくといういずれの視点からみても、このような変質者を許してはいけません。
 事件を分析し、変質者が「善意」を装って紛れ込むことを未然に防ぐ対策をとらなければなりません。また報道では被疑者の実名や詳細な住所は伏せられていますが、こういう事件では被害者の名誉を回復し新たな被害者を未然に防ぐためにも徹底的に実名報道するべきでしょう。
(参考)
◎里子の少女にわいせつ容疑、週末里親の男逮捕(読売新聞 2011/5/12)
◎<福岡地検>「里子」に性的暴行…容疑の男を起訴(毎日新聞 2011/5/12)