関西大学レスリング部いじめ事件:加害者を再逮捕

 関西大学レスリング部で特定の部員に対して悪質ないじめや暴行がおこなわれた事件で、大阪府警吹田署は5月9日、元主将(21)と元副将(21)の両容疑者を暴力行為等処罰法違反と恐喝の両容疑で再逮捕しました。

 元主将と元副将は、被害部員の自宅に侵入して携帯音楽プレーヤーを持ち去ったとして窃盗容疑などで逮捕されています。元主将は窃盗容疑などで起訴され、また元副将についても窃盗容疑での立件は見送られたものの住居侵入容疑で起訴されています。
 今回の再逮捕容疑は、2011年8月に被害部員を無理矢理丸刈りにしたり、賭けトランプを強要した上でいかさまで勝って金を巻き上げたことなどだということです。
 元主将は容疑を認めています。一方で元副将の中村淳一は「試合に負けたら丸刈りにする約束だった。金もトランプの勝ち分と、貸していた分を返してもらっただけ」などと主張して否認しているということです。
 当ブログでは以前のエントリで、この事件に関して以下のように書いたことがあります。

 これに関して気になる情報が当ブログに寄せられました。氏名は匿名でしたが、内容からは関係者かのような口ぶりで、「新聞報道はウソだ」などと具体的な根拠も示さずに感情的に騒ぎ立て、あたかも被害者が事件をでっちあげたかのように口を極めて中傷した上で、当ブログに対しても「カス」などとののしっている嫌がらせメールが当ブログに来ました。
 嫌がらせの発信元は奈良県からでした。そういえば加害者の片割れは奈良県在住で、調べてみると奈良県の高校出身だということ。加害者に近い人物のしわざなのでしょうか。
(当ブログ2011/4/17『関大レスリング部で悪質いじめ、加害学生逮捕(2)』)

 このエントリを書いた当時、当ブログに寄せられた嫌がらせメールの具体的な内容については伏せる判断をおこないました。しかし新聞報道が出たので明かすと、嫌がらせメールでの主張は元副将の中村某という容疑者が供述しているという内容と一致していました。
 なお、過去のエントリで指摘した「加害者の片割れは奈良県在住で、調べてみると奈良県の高校出身だということ」ですが、「加害者の片割れ」とは奈良県桜井市在住だという元副将・中村某のことを指しています。当ブログへの嫌がらせメールは第三者からの単なるいたずらや嫌がらせではなく、中村某に近い人物のしわざである可能性が高まったと思われます。
 事件そのものも悪質であることはいうまでもないですが、自己正当化と被害者攻撃に走っているのも輪をかけて見苦しいことです。
(参考)
◎日常的にいじめ…レスリング部の元主将ら再逮捕(読売新聞 2011/5/9)