関大レスリング部で悪質いじめ、加害学生逮捕(2)

 関西大学レスリング部元主将と元副将の男子学生2人が部員に対して暴行や恐喝などの悪質ないじめ行為を繰り返したとして逮捕された問題で、関西大学は4月14日付で、レスリング部の活動停止処分を発表しました。

 加害学生は事件発覚後部から除名処分を受け、また部も活動を自粛していました。
 元主将の濱田周平(21)=神戸市須磨区=と元副将の中村淳一(21)=奈良県桜井市=の両容疑者は、被害学生の自宅から携帯音楽プレーヤーを持ち去った容疑で逮捕されています。恐喝や暴行などについても引き続き捜査中だといいます。
 加害学生は一部については認めているようですが、一部否認している様子です。
 これに関して気になる情報が当ブログに寄せられました。氏名は匿名でしたが、内容からは関係者かのような口ぶりで、「新聞報道はウソだ」などと具体的な根拠も示さずに感情的に騒ぎ立て、あたかも被害者が事件をでっちあげたかのように口を極めて中傷した上で、当ブログに対しても「カス」などとののしっている嫌がらせメールが当ブログに来ました。
 嫌がらせの発信元は奈良県からでした。そういえば加害者の片割れは奈良県在住で、調べてみると奈良県の高校出身だということ。加害者に近い人物のしわざなのでしょうか。
 いじめ事件を当ブログで扱うと、たまにこういう嫌がらせが来ます。しかしその手の嫌がらせは例外なく、「自分にとって都合が悪いからウソだ」と感情的に罵詈雑言を吐いているだけで具体的な根拠など一切なく、結果的に「加害者の犯行は事実」だということを自ら告白している形になっているものばかりでした。今回もまさにそのパターンでした。
 調べてみると、加害者側の関係者とみられる者はネット上のあちこちで、事件正当化工作のようなことをしている痕跡も確認できました。
 当ブログへの嫌がらせについても、気分がいいものではありません。その一方で当ブログですら嫌がらせの標的にされるということは、事件被害者の方は加害者側からのいわれなき嫌がらせを受けている可能性が高いと思われ、非常に気がかりです。