京都府の読書キャンペーン

 京都府では、教育委員会が先頭に立って読書キャンペーンをおこなっています。京都府教委は「1000万冊読書キャンペーン」として府民全員で1000万冊を読破するキャンペーンを、京都市教委は「めざせ100冊!読書マラソン」として、市立小学校の児童が図書館で借りた冊数に応じて読書シールがもらえるなどの取り組みを、それぞれおこなっているということです。

 キャンペーンそのものは大いに結構です。ただ、本当に読書好きの子どもを育てるのならば、「読破冊数を競うだけのキャンペーン」に陥らないように留意していくことも必要です。また同時に、子どもが気軽に本に触れられるような環境を整備していくことも重要になってくるでしょう。
読書好きの子、育て 京都市・府教委がキャンペーン〔『京都新聞』2006/8/12〕

スポンサードリンク