児童の着替え盗撮目的で校内にビデオカメラ仕掛けた教諭逮捕:埼玉

 勤務先の小学校に盗撮目的で小型ビデオカメラを仕掛けたとして、埼玉県警川越署は10月30日、川越市立霞ケ関南小学校教諭・滝嶋智和(31)=同市下広谷=を建造物侵入と器物損壊の容疑で逮捕しました。容疑を認めているといいます。

 同教諭は校内の児童会室に侵入し、室内のいすに穴を空けて小型ビデオカメラを仕掛けたといいます。現場の児童会室は、毎週水曜日朝に実施される全校マラソンの際に、女子児童の更衣室としても使用されているということです。
 カメラは10月27日朝に発見されました。同教諭がカメラを仕掛けている映像が映っていたといいます。同教諭は「着替え姿を見たかった」などと供述しているということです。
 教師による学校内での盗撮やわいせつなどの事件は、全国的にも相次いで発覚しています。2~3日に一回はこの手の変態教師の話題がニュースになっているという印象すら受けます。このような変質者が学校現場に紛れ込んでいるというのは、きわめて恐ろしいことです。
 刑事事件としても、また教育委員会の処分も、適正な措置が下されることを望みます。
(参考)
◎小学校のいすに盗撮カメラ、埼玉 器物損壊容疑で教諭逮捕(共同通信 2010/10/30)