清心女子高校刺傷事件、加害生徒を医療少年院送致へ:横浜

 横浜市港北区の私立清心女子高校で2010年6月、1年生の女子生徒が教室で同級生の女子生徒を刃物で刺した事件で、横浜家裁は10月27日、殺人未遂と銃刀法違反の非行事実で家裁送致された加害生徒を医療少年院送致の保護処分にすることを決定しました。

 「非行の重大性と向き合わせる必要がある」として、収容期間を「4年程度の相当長期」とする意見書を付けています。
 報道では事件の動機などについては触れられていない様子ですが、事件の動機について丁寧に分析されているのかが気になります。
 なお報道によると、意識不明になっていた被害生徒は9月に意識を回復し、引き続き治療を受けているということです。

スポンサードリンク