自作「セクハラサイコロ」で児童に罰:埼玉

 埼玉県入間市立扇小学校で6年を担任する男性教諭(59)が「セクハラサイコロ」なるサイコロを自作し、授業中騒いだ児童に対してサイコロを振らせ、出た目にあわせて罰を科していたことがわかりました。

 サイコロには「キス」「ハグ」「鼻くそ」「顔面ケツタッチ」「恋人指切り」などと書かれていたといいます。このほか黒板用の支持棒で児童の頭を殴ったこともあったといいます。
 教諭は「子どもが喜ぶからサービス精神でやった」と釈明したということです。しかし犯罪・人権侵害行為であるセクハラを肯定するような発言をおこない、セクハラまがいの行為をおこなっていることは問題外です。
 またこのような行為は一種の「体罰」だともいえるでしょう。直接暴力を加えているわけではなくゲーム感覚だから許されるとでも思っていたのでしょうか。

スポンサードリンク