瑞浪いじめ自殺事件、命日にあわせて全校集会

 岐阜県瑞浪市立瑞浪中学校2年だった女子生徒が4年前の2006年10月23日、いじめを苦にして自殺しました。同中学校では事件後、生徒の命日の10月23日を「思いやりの日」に定め、命日にあわせて「思いやり集会」と題する全校集会を開いているということです。

 2010年は命日が土曜日にあたるためか、10月22日に「思いやり集会」が開催されました。その様子が中日新聞(岐阜版)2010年10月23日付『「思いやり」考える 瑞浪中の生徒らいじめ自殺で集会』で紹介されています。
 各学年の代表者が「思いやり」に関する取り組みについて発表し、話し合いを深めたといいます。一方で自殺した女子生徒のことには深く触れず、一般的な「思いやり」についての討議にとどまったという側面も、あわせて指摘されています。
 事件をきっかけに集会の取り組みが開始されたこと自体は評価すべきものだといえます。一方で事件の教訓に深く切り込むことなく一般的・抽象的な議論にとどまっていては、集会が形式だけになってしまって事件風化につながってしまう危険性もはらんでいます。事件を風化させず、生徒や関係者が自分のこととして受け止めることができるような集会運営へとすすめていくことが必要でしょう。

スポンサードリンク