自宅で預かっていた児童にわいせつ行為、里親逮捕:滋賀

 里親として自宅に一時滞在させていた女子中学生の体を触るなどしたとして、滋賀県警甲賀署は10月21日、滋賀県甲賀市土山町の男性容疑者(62)を強制わいせつ容疑で逮捕しました。

 容疑者は容疑を否認しているといいます。
 容疑者は2002年から里親活動に参加し、児童福祉施設などに入所している児童について、自宅で短期のホームステイを受け入れていたということです。被害児童が入所施設を通じて警察に相談し、事件が発覚しました。
 容疑者宅では同時期にほかの児童数人も受け入れていて、余罪の有無についても調べるといいます。
 事件が仮に事実ならば言語道断です。事実関係を徹底的に調べ、このような事件が起こらないような手だてをとるべきだといえます。