全国学力テストに不参加の意向表明:青森県の2自治体

 青森県六戸町と南部町の町長が、来年4月におこなわれる全国学力テストへの不参加を表明しているということです。〔『東奥日報』2006/7/24


 六戸町の町長は「自治体や学校が序列化され、過度の競争につながる恐れがある」と、南部町の町長は「すでに都道府県や市町村単位で実施しており、同様のテストは必要ない」としています。
 一方で両町とも、事務方は「町長の個人的見解で、町としての対応は正式に決まっていない」としています。
 全国学力テストへの対応については、予想される問題点や弊害も視野に入れながら、各自治体で自主的な判断をとることを期待したいと思います。