いじめ報復目的?爆発物原料所持で男性逮捕

 警視庁は10月7日、自宅や勤務先に爆発物の原料を隠し持っていたとして、爆発物取締罰則違反容疑などで埼玉県在住の男性容疑者(27)を逮捕したと発表しました。

 容疑者は「小中高校でいじめを受けていた。いじめ加害者に報復するために爆発物を作るつもりだった」などと話しているということです。容疑者は2010年2月に新宿駅で職務質問を受けた際、爆発物の作り方を記したノートが荷物から発見されたということです。
 いじめ報復という容疑者の言い分が事実だとすれば、もちろん容疑者の行為を肯定するわけにはいきませんが、心情的には理解できなくもないとも感じてしまいます。いじめ被害者の受ける傷はきわめて重いものであり、いじめそのものを早期に解決しない限りこのようないじめ報復を狙うような事件は次々と起きてしまうといわざるを得ません。

スポンサードリンク