性体験の低年齢化 10代・大人はどう見る(asahi.com)

 『asahi.com』7月10日配信記事で、「性体験の低年齢化 10代・大人はどう見る」という特集がされています。性体験について、10代の意識と大人の見方を取材している記事になっています。


 10代での妊娠・出産・中絶や、性感染症の問題について、10代の少年少女は「自分には関係ないこと」と思いこんでいる傾向があり、その結果望まない妊娠などの問題も発生しているとのことです。
 社会全体でも性に関する情報は氾濫する一方で、その情報は必ずしも科学的に正確なものとはいえないという傾向があり、その傾向が子どもたちにも影響しているといえます。
 性の問題や性教育に対して、タブー視して避けることは正しくありません。また、上から一方的に徳目を押しつけるような形になるのも正しくありません。
 科学的に正確な知識に基づき、「自分も他者も大切にする」という立場にたった人間尊重の態度を身につけていく――そういう立場での取り組みが必要ではないかと考えられます。