高校生の7割、大人の行動に理不尽さ感じる

 大分県の高校で、生徒に対してアンケートを採ったところ、「大人のマナー違反を目撃したことがある高校生は約7割」「大人の行動に理不尽さを感じている高校生も約7割」という結果が出たということです。

「高校生から見た大人って? 」 「理不尽さを感じる」7割 知事「自覚持ち行動を」
〔『西日本新聞』2006/7/8〕
 高校生の7割は大人の行動に理不尽さを感じている―。県立大分上野丘高校(大分市)の新聞部が同校の2年生を対象にしたアンケートでこんな結果が出た。「言行が一致しない」「頭ごなしにしかりつける」などが理由で、発表した同部の生徒は「子ども大人も互いに理解し合い、尊重し合うことが大切」と訴えた。
 アンケートは「高校生から見た大人って? 」と題し、7日に大分市で開催された「大人が変われば子供も変わる県民大会」(県青少年育成県民会議、県共催)で発表された。それによると「大人がマナー違反しているところを見たことがある」と答えたのは全体の約7割。違法駐車やたばこのポイ捨て、運転中の携帯電話などが多かった。
 そのうえで模範を示すべき立場の大人に対し「理不尽さを覚える」と答えた生徒も7割に上り、全体の過半数が「尊敬すべき大人が身近にいない」と答えた。発表した新聞部の生徒は「子どもは社会を映す鏡という観点から、子どもはいつも大人を見ています」と結論づけた。アンケートは6月22日に同校2年の361人を対象に実施した。
 県民大会には学校関係者など約300人が出席。上野丘高校のアンケート結果の発表後には、広瀬勝貞知事や県内の中、高校生、大学生らによるパネル討議もあり、広瀬知事は「大人は子どもに見られていることを常に自覚して、自分を律しながら行動することが必要だ」と参加者に呼び掛けた。

 調査対象が限られているといえども、このアンケートの結果については参考にしていかなければならないでしょう。
 「私利私欲を無理に通そうとしたり、私利私欲のために他人に迷惑をかける」など、モラルの悪い大人も、確かに時々見かけます。また、相手が子どもだからといって「俺様は大人だ」とばかりに居丈高になるような大人もいます。こんな大人に対しては、理不尽さを感じるのも当然でしょう。
 もちろん、高校生自身や現在の大人にとっては、「年齢だけ重ねただけでモラルに欠けている大人」にならないように、自分を律していくことが必要になってきます。
 社会全体のモラルは、子どもの問題にも関連してくるでしょう。モラルの悪い大人の問題行動が、子どもの問題行動にもある程度関連があるとも考えられます。社会全体のモラルの向上に、一人一人ができることからおこなっていくことが重要ではないかと感じました。