2学期制取りやめる自治体相次ぐ

 『asahi.com』で『2学期制から撤退続々 授業増効果期待外れ、現場に不評』(2010/7/2)という記事が配信されています。

 公立小中学校で2000年代前半より導入の動きが広がった2学期制について、2000年代後半より元の3学期制に戻す動きが続いていることを特集しています。
 授業時数増加をねらって導入したものの実際にはさほど増加しなかったことや、学校現場からの不評などが背景にあるということです。
 2000年代前半には2学期制を導入すること自体が一種のブームになり、導入の意義などが十分に検討されないままになっていたという側面もあります。2学期制を導入するにしても3学期制に戻すにしても、いずれにしても学校現場にあった形を作り上げていくことが求められているといえます。