男子生徒自殺「いじめあった」中間報告:宮崎市立中学校

 宮崎市立中学校1年の男子生徒が2016年8月、同級生の名前を挙げて「たたかれた」などと訴える遺書を残して自殺した事件で、市教委の第三者委員会がいじめを認める中間報告書をまとめていたことがわかった。

 生徒の命日にもあたる8月31日、市教委関係者が遺族宅を訪問し、報告書の概要を説明した。

 生徒は1年前の2016年8月31日に自殺した。同級生の名前を挙げて「たたかれた」などとするメモを残していた。

 第三者委員会の調査では、生徒は同級生からあだ名で呼ばれたり、たたかれたり、おごらされるなどのいじめを受けていたことが確認された。ケガをしたこともあった。

 報道された範囲では概要にとどまっているが、重大な案件であると考えられる。

(参考)
◎宮崎・中1自殺 第三者委「同級生らのいじめあった」認定(毎日新聞 2017/8/31)

スポンサードリンク