広島市立中学校3年女子生徒が自殺:いじめか?

 広島市立五日市観音中学校(佐伯区)で2017年7月、3年生の女子生徒が自殺する事案があり、この生徒に対する悪口やからかいがあったことがわかった。

 いじめによる自殺の可能性も含めて調査するという。

 学校などの発表によると、生徒は7月24日朝、校内で倒れているところを発見され、病院に搬送されたが死亡が確認された。校舎4階に生徒のカバンが残されていて、校舎から飛び降りたとみられる。

 学校側の調査の結果、この生徒への悪口やからかいが7件確認された。主に授業中だったという。生徒の保護者は「いじめがあった」と訴えている。

 報道では第一報の段階で、今後詳細な調査を要するものではある。とはいえども、いじめがあった可能性が浮上していることにもなる。ていねいに調査すべき案件ではないか。

(参考)
◎広島市の中3女子が学校で死亡、いじめ自殺か 授業中に悪口、からかいも 原因調査へ(産経新聞 2017/8/4)