茨城県取手市中学生自殺:学校・市教委が自殺の事実伏せて対応

 茨城県取手市立中学校3年の女子生徒が2015年に自殺し、背景にいじめがあった疑いが指摘されている問題で、学校側は自殺の事実を隠して対応していたことがわかった。

 毎日新聞社が情報公開請求をおこなって判明した。毎日新聞2017年7月30日『取手中3いじめ 市教委、自殺隠す 「突然の死」と説明』が報じている。

 記事によると、この間の事実経過は、おおよそ以下の通りになっているという。

 生徒は2015年11月10日に自宅で自殺を図り、翌11日に死亡した。一報を受けた学校は取手市教委に「自殺を図り救急車で運ばれた」とする報告書を提出した。しかし市教委は、生徒自殺の事実を他の生徒には伏せる方針を決定した。それを受け、学校側はこの生徒の死亡について「思いがけない突然の死」と説明したという。

 いじめがあったのではないかと両親が学校に連絡したが、学校は2015年12月、生徒のことには触れないままでの調査を実施した。市教委は2016年3月、調査アンケートの結果を基に「いじめには該当しない」と判断したという。

 以上が記事の概要である。今回明らかになった一連の経過は、自殺の事実を伏せたことで調査も表面的になった、そのことで「いじめはない」と無理やり結論づけたとしか思えないものである。取手市教委による隠蔽工作と言ってもよいのではないか。