新発田市中学生自殺、生徒へのいじめ「あった」市教委が発表:新潟

 新潟県新発田市立中学校2年の男子生徒が6月25日に自殺した問題に関連して、新発田市教育委員会は7月3日、自殺した生徒へのいじめがあったことを確認したと発表した。

 生徒の遺書などは見つかっていないが、家族が「この生徒が生徒が自殺直前に家族に対して、学校でのいじめを訴えていた」と伝えていて、学校側がいじめの有無を調査していた。

 学校側は同級生への聴き取りの結果、この生徒が悪口を言われるなどしていたことを確認したという。

 現時点ではまだ第一報の段階だとはいえども、いじめがあり、自殺との因果関係もうかがわれることになる。さらなる調査の上で、適正な対応が求められる。

中2男子生徒が自殺、いじめ?:新潟・新発田市
 新潟県新発田市立中学校2年の男子生徒が6月25日に自宅で自殺していたことがわかった。新発田市教育委員会が6月26日に発表した。生徒は生前に...

(参考)
◎自殺中2男子のいじめ確認、新潟 教育委員会が同級生ら調査(共同通信 2017/7/3)

スポンサードリンク