奈良県の放火事件:背景は勉強の重圧?

 奈良県で、高校1年生の男子生徒が自宅に放火し、家族を死亡させた事件が大きく報じられています。


 報道によると、逮捕された生徒は動機として「勉強のことでうるさくいわれて嫌になった」などとしているということです。また犯行当日は保護者会が予定されていて、成績が伝えられる日だったということです。
 事件の動機について、現時点では「勉強のプレッシャーが背景にある」と見られています。この生徒に何があったのか、心理的な背景について詳細に調べ、同種の事件の再発防止に役立てる手だての一環としていく必要があるのかもしれません。