滝川市いじめ自殺事件遺族、大学で講演

 北海道滝川市立江部乙小学校いじめ自殺事件の遺族が5月26日、北海道教育大学札幌校で講演をおこないました。


 必修科目の授業の一環として企画されました。講演では事件の経過について触れながら、「教師は、いじめられている子の立場に立ってほしい。どこの学校でも起こりえることで、再発防止はもちろん、調査と子供の心のケアをきちんとしてほしい」と訴えたということです。
 いじめ問題は被害者の人生をも大きく変えてしまうほどの深刻な問題です。一方でいじめへの対応は十分ではない傾向があります。
 学校・教師がいじめを放置したり、加害者を擁護するような態度をとる場合すらみられます。中には教師自らが児童・生徒いじめの首謀者となるという事件すらいくつか発生しています。
 いじめへの加担や首謀者となることにいたっては論外ですが、いじめを放置したりもみ消したりすることはあってはなりません。いじめ事件の放置は、事実上いじめに加担しているのと同じような行為です。いじめに対して、子どもに寄り添えるような教員が少しでも増えることを強く願います。
(参考)
◎子供に寄り添う教員に いじめ自殺 遺族が道教大札幌校で講義(北海道新聞 2010/5/27)