「いじめで不適切対応・転校」提訴:福岡・苅田町

 福岡県苅田町の町立小学校に通っていた当時、同級生からいじめを受け、学校も適切に対応せず、転校を余儀なくされたとして、小学校5年の女子児童と両親が町を相手取り、約3300万円の損害賠償を求める訴訟を福岡地裁行橋支部に起こしていたことがわかった。

 提訴は2017年3月11日付。

 被害児童は2014年秋頃から、同級生から物を隠されるなどのいじめを受けていたという。学校は適切に対応せず、町内の別の学校への転校を余儀なくされたとしている。

 この事件では、保護者側から「法的手段も視野に入れている」と伝えられた校長が、知り合いの町議にいじめの情報を伝え、町議が保護者側に接触していたことも明らかになっている。

 福岡県苅田町立小学校でのいじめ問題に関連して、被害児童の保護者が提訴も検討していると学校側に伝えたところ、校長が町議に児童側の情報を漏らし...

 報道されている範囲でも、対応のまずさ・悪さが目立つ事案であると感じる。

(参考)
◎福岡・小5女児 「いじめ放置」苅田町提訴 地裁行橋支部(毎日新聞 2017/5/3)

スポンサードリンク