入学式・卒業式の来賓の起立状況まで調査?

 埼玉県戸田市教育委員会は、入学式・卒業式で「君が代」斉唱の際に起立しなかった来賓の有無について調査する方針を固めたということです。また伊藤良一・戸田市教育長は市議会で、起立しなかった来賓がいたことについて「はらわたが煮えくりかえる」「秩序を乱す」などと発言したということです。〔『朝日新聞』2006/6/20


 「君が代」斉唱の際に起立するかどうかは、個人の思想信条や内面の問題に属することです。そもそも強制することにはなじみません。
 また、別に実力で式を妨害したわけでもないのに、単に起立しないことだけをとらえて「秩序を乱す」と主張する発言は、全く見当はずれです。
 その上、何の権限や法的根拠をもって、来賓の起立状況を調査するのでしょうか。教師や児童・生徒に対しての調査をおこなう教育行政当局は、調査の根拠として学習指導要領などを一応あげています(もっとも、個人的には「誤った解釈」として同意しかねますが)。しかし来賓に対しては、調査の根拠となるようなものは全くありません。
 戸田市教委の一連の態度については、明らかに反民主主義的で、思想統制ともいえる措置だといえます。戸田市教委の動きについてはそれこそ、民主主義や教育の「秩序を乱す」行為だと感じ、「はらわたが煮えくりかえる」思いです。調査の中止を強く求めます。