テストを科学的分析:不公平感なくす研究

 入学試験や資格試験・国家試験・適性検査などのテストについて、出題や採点方法などを科学的に分析し、受験者の不公平感をなくすための研究が進んでいるということです。
不公平なテストなくす「テスト」 日本テスト学会が基準〔『asahi.com』2006/6/18〕


 テストで受験生が不公平感を感じる例としては、たとえば「60点以上は合格」と決められたテストで、問題の水準が例年より極端に難しいために合格者の数が大幅に少なくなるといったことなどがあります。
 不公平感については本当に「やむを得ないもの」なのか、それともテストの科学的分析を通じて科学的・客観的手法で回避は可能なものなのでしょうか。現時点では研究が始まったばかりですが、研究の動向は注目されます。