都立高校の6割で「地毛証明書」提出求める

 東京都立高校の約6割で、生まれつき髪の毛が茶色い生徒に「地毛証明書」を提出させていることがわかった。

 『朝日新聞』(web版)2017年4月30日付『「地毛証明書」、都立高の6割で 幼児期の写真を要求も』が報じている。

 「地毛証明書」を提出させている学校があるという話は、インターネットメディアでも2017年3月に報じられていたが、改めてその事実関係が報じられたことになる。

生まれつき髪が茶色い生徒に「地毛証明」?
 インターネットニュースサイト「J-CASTニュース」が、「高校入学前の「地毛証明書」ってアリ? 「狂ってる」「生徒守るため」反応二分」とす...
   高校入学前に「地毛証明書」の提出を求められた――。ツイッターでのこんな投稿が話題を集めている。髪を染めたり、パーマなどをしたりしておらず、生まれつきの髪の毛であると証明するためのものだというが、投稿者は「狂ってる」と嫌悪感を露わにしている。

 朝日新聞では、全日制都立高校173校に対し、「地毛証明書」の有無を問い合わせたという。170校が取材に応じ、57%にあたる98校が「地毛証明書」が存在すると認めた。また少なくとも19校が、幼児期や中学生時代の髪の色がわかる写真の提出を要求していた。

 多くの学校では校則で染色やパーマを禁止しているとして、生まれつき地毛の生徒に染色を疑って指導することなどのトラブルを予防するための手段として導入するケースがあるという。また、私立高校との競争を背景に、生活指導をきちんとしていることへのアピール目的もあると紹介されている。

 記事ではある都立高校の担当教師の話として、「染めているのに地毛だと言い張る生徒もいる。保護者の責任で証明してもらう」と紹介されている。

 しかしそもそも、染色やパーマかどうかにこだわり、学校側が「指導」するという行為が正しいのかという根本から問われなければならないのではないか。また、生まれつきの体の特徴で難癖をつけられること自体が、人権侵害ではないか。

 生まれつき地毛の生徒に対して髪の毛を黒く染めることを強要する人権侵害があちこちで発生し、そういうトラブルを防ぐ名目で今度は「地毛証明書」を導入する新たな人権侵害を引き起こすという悪循環に陥っている。その悪循環は断ち切られなければならない。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

シェアする

フォローする