仙台市で中学生自殺、いじめあったと指摘も

 仙台市立中学校2年の男子生徒が4月26日に自殺していたことがわかった。

 現時点では遺書などは見つかっておらず、自殺の理由などは不明だという。一方で、自殺した生徒へのいじめがあったとする証言もあるという。

 仙台市では、市立中学校に通う中学生の自殺事件が相次いでいる。2014年9月に館中学校(泉区)1年の男子生徒が自殺し、また2016年2月には南中山中学校(泉区)2年の男子生徒が自殺した。いずれも、背景にいじめがあったと指摘されている。

 今回の件については、伝えられている内容は報道で知りうる速報の範囲でしかないものの、いじめがあったとされる証言については事実関係の調査が必要になる。

(参考)
◎仙台・中2男子が自殺 いじめ原因か(河北新報 2017/4/29)
◎仙台市で中2が自殺 いじめの可能性も(朝日新聞 2017/4/29)


※続報→仙台市青葉区中2自殺:生徒はいじめ被害訴え

スポンサードリンク