保育所設置基準:国会質問で取り上げられる

 保育所設置基準について、山下芳生参議院議員(日本共産党)が11月17日の参議院総務委員会で取り上げています。

 質問では、政府が進めようとしている「保育所面積基準の緩和」について批判的に取り上げています。かつておこなわれた「保育所定員の弾力化」で、実際に大阪府では1万人近い子どもが設置基準を超えて詰め込まれていることを示し、「真っ先に起こるのは、保育所の新設ではなく、既存の保育所に今以上に子どもを詰め込むことだ」と指摘しています。

 保育所面積基準の緩和では「地方の自主性が生かせる・地方の実情にあった保育所運営ができる」かのような宣伝がされています。しかしその一方で、保育所の質の低下につながるという指摘も保育関係者などからされています。

 実際に設置基準を超えて詰め込まれたという前例があることから考えても、基準緩和で「自治体が自主的に手厚い基準をもって保育所を整備するようになる」という保証があるわけでもなく、保育所の質の向上につながる可能性は薄いのではないかと感じます。

(参考)
保育所 国は最低基準守れ 山下議員追及 “今以上の詰め込みに”(しんぶん赤旗 2009/11/18)