塚本幼稚園:大阪市の特別支援教育費補助金でも不正か、書類改ざん疑惑指摘される

 一連の森友学園問題に関連して、塚本幼稚園(大阪市淀川区)が大阪市特別支援教育費補助金でも必要な書類を改ざんして不正受給していた疑いがあることが浮上した。

 元園児の保護者が大阪市に情報公開請求をおこない、4月13日までに明らかになったという。

 特別支援教育費補助金は、障がいやアレルギー・ぜんそくなど特別な支援を必要とする児童を受け入れた際、加配教員の配置やバリアフリー設備の設置などにかかる経費への補助として行政から補助金が出るものである。

 大阪府の制度については2017年3月の大阪府議会での議会質問で不正疑惑が指摘された。大阪府は立ち入り調査をおこなったが実態を確認できないままとなり、2016年度の補助金支給を差し止めた。

 大阪市でも独自に特別支援教育費補助金制度を創設し、府の制度に上乗せする形で市独自でも補助金を出して運用している。

 元保護者が大阪市に対して、塚本幼稚園に関する特別支援教育費補助金制度の関連文書の情報開示請求をおこなったという。元保護者の子どもの元園児は、症状が補助金の支給要件に該当するとして、大阪市が園に補助金を支給した。元保護者は園から求められて診断書を園に提出したが、大阪市から開示された診断書は園に提出した内容と異なっている・改ざんされていたと訴えている。

 大阪府で同様の問題が指摘されていた以上、大阪市でも同じ問題が起きていたであろうことは、想定の範囲内ではある。徹底的に調査すべきだといえる。

維新の幼稚園政策が遠因となっている?

 大阪市の特別支援教育費補助金制度は、一見すると「教育の機会均等」「教育条件の向上」のように見える部分もある。その部分についてはもちろん異論はないし、特別支援教育の充実や公的な支援そのものは求められることではある。その意味では、制度自体は全否定できないし、してはいけない。

 しかし制度の発足の背景から見ると、維新の「何でもかんでも民営化」が背景にあり、また一部維新と一部の私学経営者の私学利権に悪用される危険性と一体のものとなっている。大阪市では維新市政のもとで、市立幼稚園を全廃(一部を廃園、残りは民間移管)する構想が出されている。橋下徹前大阪市長は、当初は一気にすべての市立幼稚園を廃止することも検討していた。しかし手続き的に困難と判断し、できそうなところから少しずつ廃止の条例案を出してきた。その方針は現在の吉村洋文大阪市長にも受け継がれている。

 市立幼稚園廃止構想については、「これまでは、私立園では受け入れる意欲があっても経営の観点から厳しいという事情から、公立園が主に引き受けてきた障がい児・要支援児の受け入れ体制はどうするのか」という点についても批判が出た。この批判を背景にして、公立園を減らしながら私立園での受け入れ体制を整えるため、橋下徹市政時代の2014年に市の特別支援教育費補助金制度が創設された。

(目的)第1条 この要綱は、大阪市補助金等交付規則(平成18年大阪市規則第7号、以下「規則」という。)に定めるもののほか、私立幼稚園及び認定こども園に就園する障がい児等特別に支援の必要な幼児(ただし、認定こども園については、子ども・子育て..

 また大阪市は、2014年度より市として独自に、各幼稚園との協定を経て、障がい児・要支援児の受け入れに積極的な私立幼稚園「大阪市要支援児受入促進指定園」を指定・公表する制度も作っている。塚本幼稚園も大阪市要支援児受入促進指定園に指定されていた。

 大阪市では、幼児期の特別支援教育の充実を図るため、平成26年度より、特別に支援の必要な幼児の私立幼稚園及び認定こども園(教育標準時間認定)における受入れ促進のための補助制度等を創設し重点的に取り組むこととしています。 「大阪市要支援児受..

 これらの制度の穴を突かれたような形になっている。直接的には幼稚園側の不正疑惑であるが、大阪市が「だまされた側」になるとは単純には言い切れないと感じる。

 塚本幼稚園・森友学園は、大阪維新の会や維新に近い政治家と関係があったとうかがわせるような痕跡があったことが多数指摘されている。大阪府知事・大阪市長がそれぞれ維新の会の幹部も務め、大阪府政・大阪市政の与党でもある。

塚本幼稚園、隣接の公園をグラウンド代わりに使用:公園緑化計画に維新市議が抗議 2012年
 森友学園が運営する塚本幼稚園(大阪市淀川区)に隣接する公園について、2012年に近隣住民の要望を受けて大阪市が公園緑化を計画したところ、幼...

 また大阪市は、塚本幼稚園での虐待疑惑や不適切指導・保護者への不適切言動などについても把握できる立場にあったのではないか。私立幼稚園の行政としての監督権限は第一義的には府であるが、保護者側は大阪市の担当部署にも相談していたと聞く。また大阪市が私立幼稚園就園児のいる世帯向けに支給する補助金についても、塚本幼稚園が書類を発行しないなどの問題が複数あったことも明らかになっている。

 幼稚園側の不正疑惑を徹底的に解明すると同時に、これまでの行政としての対応が適切だったのかも検証されなければならないと感じる。

(参考)
◎塚本幼稚園児の診断書改ざん疑い、異なる医師名 障害児支援、大阪市への補助金申請(産経新聞 2017/4/13)
◎森友学園 幼稚園の保護者「診断書が偽造」 大阪市に申告(毎日新聞 2017/4/13)
◎森友の幼稚園、園児の診断書改ざんか 補助金申請めぐり(朝日新聞 2017/4/14)