家計急変者へ私立高校授業料全額補助方針:大阪府

 大阪府は9月18日、私立高校に通う生徒がいる世帯について、家計が急変した人を対象に授業料を全額補助する議案を大阪府議会に提出する方針を明らかにしました。


 家庭の年収が前年度より1割以上減少した世帯のうち、大阪府内在住でかつ府内の私立高校に通学する生徒約1900人が対象となる見通しだということです。
 今年度限りの措置で、来年度以降は政府の授業料無償化政策の動向を踏まえて改めて判断されるということです。
 全額補助の方針は歓迎できます。一方で大阪府では私学助成を削減した結果大半の私立高校で授業料値上げを余儀なくされたなどの事象も発生しています。一過性の施策ではなく、根本的なところから解決することが求められているといえます。
(参考)
私立高授業料の全額補助1900人 大阪府、所得急減で(asahi.com 2009/9/20)