高校授業料無償化:2010年通常国会へ

 高校の授業料無償化法案を2010年通常国会に提出させ、2010年4月からの実施を目指す方向で調整していることがわかりました。川端達夫文科相が9月17日に明らかにしたものです。


 無償化については、民主党は生徒の家庭へ授業料相当額を直接給付する形での実質無償化を掲げていましたが、自治体や学校法人への補助金の形で無償化を実現する方策も検討しているということです。
 実務上の手間などを考えれば、補助金形式の方がわかりやすいとはいえます。いずれにしても学費負担の軽減は緊急の課題であり、早期実現が求められているといえます。