教員免許更新制廃止法案提出方針:民主党

 民主党の輿石東参院議員会長は9月12日、山梨県甲府市で記者会見をおこないました。会見の中で教員免許更新制について、最短の場合2010年初頭の通常国会に廃止案を提出して2011年度からの廃止を目指す方針を明らかにしました。


 民主党は教員免許更新制度の廃止を求めていました。またこれとは別に、日本共産党や社民党も教員免許更新制度に反対しています。
 教員免許更新制度は現場のまともな教職員を萎縮させて教育実践を縮小させ、逆に不適格教員をのさばらせる危険性が高いものです。
 民主党は教職課程の6年制の延長などを求めていますが、これには教員免許更新制と同等の重大な問題が生じます。教職課程6年制には賛成できませんが、教員免許更新制の廃止自体は緊急の課題だといえるでしょう。