全国学力テスト、学校別成績開示:鳥取

 鳥取県教育委員会は9月7日、情報公開請求を受けて、全国学力テストの学校別成績を開示しました。


 鳥取県では情報公開条例の改正により、学校別の成績開示が可能な仕組みが作られました。
 条例では請求者に対して、学校の序列化につながるような使い方をしないよう配慮を求めているということになっています。しかし罰則などがあるわけでもなく、またこういう請求をおこなうこと自体が競争や序列化をおこなうという意図があるものだと判断できることから、条例の規定は実質的には機能しないことになるでしょう。
 全国学力テストの実施方法の問題点に、鳥取県の情報公開条例の問題点が加わり、こういう最悪の事態になったといえます。
 鳥取県では、県独自の学力テストの学校別成績を公開した際、「成績のふるわなかった教科の担当教員が地域からつるし上げられて転勤に追い込まれた」「結果が悪かった学校では、生徒が自信を失った結果、生徒間暴力や対教師暴力が頻発した」などの苦い過去があります。こういうことが再び繰り返されるのでしょうか。