市立全中学校で昼食弁当販売実施へ:大阪市

 大阪市教育委員会は9月から、すべての市立中学校で昼食弁当の販売を実施することにしました。


 大阪市では中学校給食は実施されていません。かつて一部の学校で中学校給食が実施されていたことがありましたが、いずれも不公正・乱脈な同和行政を背景に、校区に同和地区を抱える学校でしか実施されていませんでした。未実施の学校でも学校給食の早期実施を求める請願が出されたことも何度かありましたが実現せず、「同和行政是正」名目で2008年3月に中学校給食は全廃されています。
 不公正・乱脈な同和行政の是正は当然だとしても、それは一部学校でしか導入されなかった学校給食の全廃ではなく、逆に全校実施という形で発展的に是正されるべきものでした。
 大阪市教育委員会では昼食持参を基本としながら、持参できない生徒向けに業者弁当を販売する事業を、2008年度より一部の中学校で試行してきました。今回これが全校に広げられたことになります。大阪市では弁当事業を、学校給食実施の足がかりにする方針だということです。
 以前の状態と比較すれば改善だとはいえますが、学校給食導入という観点から見ればまだまだ第一歩であり、今後の動きは依然として不透明です。生徒や保護者の声が反映される形での学校給食の早期実現が望まれます。