「給付型奨学金」導入:国会で法案成立

 「給付型奨学金」の導入を軸とした改正日本学生支援機構法が、3月31日の参議院本会議で全会一致で可決・成立した。

 2017年度については、約2800人を対象に先行実施する。4月より申請を受け付け、6月にも受給を開始するという。2018年度より本格実施することになっている。

 新設の給付型奨学金制度では、自宅生・下宿生、国公立・私立の別に応じて、1月あたり2万円~4万円を給付する計画になっている。

 制度の導入そのものは、かねてから強く求められていたものであり、歓迎である。一方で対象の人数は著しく少なく、1つの出身高校あたり1人~数人程度になることなど、課題も指摘されている。

 制度をできるだけ充実させるための取り組みが、今後の課題になるといえる。

(参考)
◎返済不要の給付型奨学金、6月にも支給開始 改正法成立(朝日新聞 2017/3/31)

スポンサードリンク
スポンサードリンク

フォローする