森友学園問題:理事長夫妻が2011年大阪W選挙で維新候補の練り歩きに参加?

 森友学園の問題に関連して、籠池泰典理事長が畠成章・元大阪府議(故人)に小学校設置認可の協力を求めていたことや、畠氏は松井一郎大阪府知事の父親の松井良夫・元大阪府議と懇意で息子の松井知事とも近く、維新結成の尽力者の一人でもあるという話が指摘されている。

森友学園問題:大阪維新との強い関係?
 森友学園問題に関連して、同学園の籠池泰典理事長や経営陣と、大阪維新の会の間に、強い関係があることが指摘されている。  ネットニュース...

 2011年の大阪府知事選挙・大阪市長選挙のW選挙で、畠氏・籠池理事長・妻の籠池諄子氏が、松井知事候補・橋下徹大阪市長候補を支援し宣伝に同行したという話も指摘された。

 松井知事は「籠池氏とは面識がない」「畠氏は自民党所属だった。府議としては先輩ではあるが、2011年の選挙で応援してもらうなどありえない」と否定した。

 しかし3月26日のテレビニュース番組「Mr.サンデー」が、2011年11月の大阪府知事選挙・大阪市長選挙の大阪W選挙で、松井一郎府知事候補・橋下徹大阪市長候補が合同でおこなった淀川区内の商店街での練り歩き(いわゆる「桃太郎宣伝」)の際に、籠池理事長夫妻と畠氏が同行していた映像を流した。

2017.3.26放送「Mr.サンデー」より

2017.3.26放送「Mr.サンデー」より(出典:https://pbs.twimg.com/media/C72X2FoVsAMSVem.jpg)

 維新支持者とみられる複数のツイッターアカウントでは、この映像に対して「偶然映り込んだだけだろう」「ストーカーか」などと罵っていた。しかし籠池夫妻の動きは、たまたまそこにいた通行人や、候補者本人や同行スタッフとは直接面識がないような一ファンが野次馬的に追っかけているような動きではなく、明らかに選挙スタッフや宣伝参加者ではないかと思われるような動きをしていた。選挙宣伝の場合は通常は、候補者本人や同行スタッフと知り合いではないような人が、飛び入りで宣伝に参加できるようなものとは考えにくい。

 この映像では、松井知事からみれば籠池夫妻については「1度宣伝に参加したという程度の関係では覚えていない」と言う余地があるかもしれないが、少なくとも「知人(選挙スタッフ)の知人」ということにはなる。畠氏については、元々一緒に同じ会派で府議をつとめた関係でもあり、宣伝に同行していたという事実は否定できないことになる。

 選挙でどの候補者を応援しようが、もちろん個人の自由ではある。その一方で、政治家の人脈が不可解な学校設置認可答申や国有地取引につながり、大阪府や国が異例の便宜を図ったのではないかという疑惑が指摘されている。

 放送された映像は、問題を解明するためのヒントとしての意味を持ってくるのではないかと思われる。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

フォローする