ツタヤ図書館、「ダミー本」3万5000冊を約152万円で購入計画:山口・周南市

 公共図書館の民間委託・指定管理者制度導入に伴って出現している「ツタヤ図書館」。山口県周南市に新規開設する「ツタヤ図書館」の問題点が、ネットニュースでリポートされている。

「Thinkstock」より 「まったく、人をバカにした話だと思いますよ。152万円も出して、ダミー(偽物)を3万5000冊も買って並べるというのですから」  &

 記事では、前代未聞の内容が紹介されている。

 徳山駅に隣接する駅ビルに新規開設を計画している「ツタヤ図書館」に、壁のインテリアとして、段ボール製で表は書籍っぽくデザインしながら中身は空洞の「ダミー本」を3万5000冊分を公費で購入する計画が浮上したという。周南市議会に約152万円の購入費が提示された。

 「ツタヤ図書館」は周南市が全国5ヶ所目だという。過去に展開した「ツタヤ図書館」では、絵本を高い場所に並べて幼児が自分でとれない、郷土史資料を廃棄する、ツタヤの在庫処分かのように「10年前の資格試験対策参考書」「図書館所在地からみて遠隔地のラーメン店ガイド」など首をひねるような蔵書を大量に購入する、独自の書籍分類をおこなって利用者を混乱に陥れる(タイトルだけで機械的に振り分けたのか「奥の細道」が「旅行コーナー」に分類されるなど、冗談にしても斜め上すぎるものまで)、もはや公共図書館の体をなしていないという強い批判が出ていた。

 そして新たに周南市では、装飾用の「ダミー本」を大量に購入。想像の斜め上を行くようなことが、次々に起こっている。

 リポートでは、このようなことになった背景についても掘り下げている。本丸は「徳山駅の駅ビルの開発」。駅ビルの中に入居するテナントはどうしようかと考えたら、国の補助金をもらえるのに有利だからと図書館でも作ろうとなった。図書館の整備充実という原点から始まった計画ではないとのこと。

 必要性を十分に検討せずにハコ物さえ作ればいいという姿勢の行政側と、指定管理者制度によって商売の糸口を広げたい企業側の思惑が、最悪の形で結びついたものだとも言える。社会教育や文化といった重要なことは全く置き去り。こんなことでいいのだろうか。

スポンサードリンク