首都大学東京で「君が代」斉唱を望みたい:小池都知事

 小池百合子東京都知事は3月16日、首都大学東京の入学式・卒業式について、国旗国歌法の趣旨を踏まえて「君が代」を斉唱することを望みたいとする見解を示した。

 同日の都議会での質問への答弁。

 しかし国旗国歌法でも、強制や強要は想定されていない。歴史的な背景や思想信条の自由との兼ね合い、大学自治などの観点から、斉唱は行政として「要請」や強制するようなものではなく、大学の自主的な行事進行のあり方として自主的に判断されるべき内容である。

 国政では2015年6月、安倍内閣の元で当時の下村博文文科相が、国立大学での「日の丸・君が代」が望ましいとする「要請」が出され、国立大学への圧力となったことも思い出される。

文部科学大臣が大学に「日の丸・君が代」要請
 下村博文文部科学大臣は6月16日、国立大学学長会議で学長らに対して、「国旗と国歌の取り扱いについて適切にご判断いただきたい」と発言し、入学...
国立大学入学式・卒業式への「日の丸・君が代」要請が圧力に:共同通信調査
 共同通信の調査によると、安倍晋三首相の意向を受け、下村博文文科相が国立大学に対して入学式や卒業式での「日の丸」掲揚・「君が代」斉唱を「要請...

 今回の小池知事の答弁は、2015年の文科相要請と似たような形で、首都大学東京にとっては大きな圧力になるのではないかと危惧する。

(参考)
◎首都大の式典「国歌斉唱を」 小池知事、議会で答弁(朝日新聞 2017/3/17)

スポンサードリンク

シェアする

フォローする

スポンサードリンク