高等森友学園保育園に立ち入り調査へ:大阪市

 吉村洋文大阪市長は3月16日、補助金不正受給疑惑が浮上した「高等森友学園保育園」(大阪市淀川区)について、3月中にも立ち入り調査をおこなう方針を表明した。

 高等森友学園保育園は、学校法人森友学園系列の認可保育所である。籠池諄子園長は塚本幼稚園の副園長を兼任しているが、保育園では常勤・専従の施設長に対して大阪市が支給する「所長設置加算」を受給していた。補助金の受給要件を満たしていない疑いが浮上した。

 受給額は2015年4月~17年1月に計約1070万円になる。またこのほかにも、2011年4月~15年3月にも、同種の補助金計約2070万円を受給した。

 兼任ならば、常勤・専従の要件を満たしていないことになる。また大阪府の担当分の、幼稚園常勤職員に対して支給される加算の補助金との二重取りということにもなる。

 さらに、保育所でも虐待や保護者への暴言・不適切対応などが指摘されている。このことについてもあわせて調査する必要があるのではないか。

 また、虐待など不適切行為への告発や苦情は、この間の森友学園問題が表面化する以前から、大阪市にも寄せられていたのではないか。対応が遅れたことへの検証も必要である。

(参考)
◎「森友保育園」月内立ち入り=補助金不正疑惑で―大阪市長(時事通信 2017/3/16)

スポンサードリンク

シェアする

フォローする

スポンサードリンク