森友学園問題:3月13日大阪市会での質疑

 大阪市会教育こども委員会で3月13日、森友学園の問題についても質疑がおこなわれた。

 森友学園問題では、系列の保育所「高等森友保育園」(大阪市淀川区)で、籠池諄子園長が塚本幼稚園副園長も兼務しているにもかかわらず、専任・専従の施設長配置に対して支給される大阪市からの補助金を不正に受け取っていた疑いが指摘されている。

 「不正分は返還させるべき、認可を取り消すべき」とする議員質問に対し、吉村洋文大阪市長は「勤務実態を調査する。支給要件を満たしていないと判断される場合は、返還を求める」とした。

 森友保育園での虐待疑惑についても質疑がおこなわれた。「市長自ら先頭に立って調査すべきではないか」という指摘に対しては、吉村市長は「大都市のあり方として、全部に行けといわれても無理。この問題が重要ではないといっているわけではないが、直接は困難なのはご理解いただきたい。しかし、指摘の内容が事実であれば問題だと認識している。担当部署で保護者からの相談や苦情を受け付け、調査をおこなっている」「認可取り消しは事実関係を確認してから検討する。改善点があれば指導する」とした。

 塚本幼稚園での虐待や、運動会での「安倍首相頑張れ」などの不適切な宣誓などの件についても問われたが、吉村市長は「第一義的には大阪府が対応すること」「個人的には違和感を感じたが、政治が教育に介入するのはいけないのではないか」とする見解にとどまった。

 質疑では、補助金不正受給疑惑の調査についてはおこなうが、それ以上の踏み込んだ対応については及び腰とも受け取れる内容にも感じた。保育園での虐待疑惑や、塚本幼稚園で私立幼稚園就園補助費奨励金(大阪市の補助金)の申請用紙を保護者に発行しなかった問題などについては、大阪市にも情報が入っているはずであり、マスコミや当事者も具体的な告発をおこなっている。虐待などについてもしっかりと調査して、厳しい対応をとるべきではないだろうか。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

シェアする

フォローする